カナダ一人旅3日目!バンクーバーから日帰り観光でビクトリアへ!

カナダ一人旅3日目は、バンクーバーから船を使って行けるビクトリアへ日帰り観光してきました。

ちなみにがっつり楽しもうと思うと日帰りではかなりタイトなスケジュールになるので、日程的に余裕のある人はビクトリアに一泊することをおすすめします。

◆本日のスケジュール◆

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

電車&バス&フェリー移動

バンクーバーからビクトリアまでの移動は思った以上に時間がかかり、自力で行く場合電車、バス、船を乗り継いで片道なんと約4時間。

バンクーバー市内からバスで出発しバスごと船に乗り込むツアーもありますが、お値段が高い上にかかる時間はほぼ一緒なので、自力で行くことにしました🚶‍♂️

さて、日帰りで充分楽しむとなると、始発のフェリーに乗りたいところ。

BC Ferriesという会社がフェリーを運航しており、ウェブサイトにてスケジュールを確認したところ、午前7時が始発のフェリーでした。

※夏場のシーズン真っ盛りは6時発のフェリーもあるようです。

バンクーバーシティ中心部からフェリーターミナルまでは1時間半弱かかるため、5時台の電車(カナダライン)に乗ってBridgeport Stationまで行き、そこからバスでTsawwassenフェリーターミナルまで移動します。

自転車を電車に乗せて出勤しているローカルの人がけっこういました。

フェリーターミナル行きのバスは早朝にも関わらず列ができていました。

フェリーターミナルに着いたら、チケットをこちらの機械で購入します。

待合室はたくさんの人で溢れかえっていました。学校の遠足できているグループもいてガヤガヤと騒がしかったです。

7時少し前にゲートがオープンし、船に乗り込みます。乗ったのはこちらのとっても大きな船。

朝ごはんがまだだったので、船内のレストランで食事をとることにしました。

サンドイッチやフルーツなどの軽食や飲み物が買えるほか、船のキッチンで作られるメニューから注文することもできます。

船に乗ってすぐは比較的混み合いますが、少し時間が経てば落ち着くのでその頃が狙い目。

ブレックファーストのセット。温かさを保つためか料理にプラスチックの大きな蓋をかぶせて渡されました。お味は、まぁ、こんなもんだな😅

食事を終えたら船内の座席へ。

ものすごく大きい船で座席の数もたくさん。そこまで混み合っている様子はありません。

早朝のため寝ている人が多かったです。

私も端っこに席を見つけて仮眠を取りました。カナダはかなり安全な国ですが、寝る時は貴重品やカバンなど肌身離さずに!

1時間半ほどの航海🚢を経て、ビクトリアへ到着です。

ビクトリア側のSwartz Bay(スワーツベイ)フェリーターミナルに到着すると、そこから出ている市バスに乗り込みます。

ブッチャートガーデン行きのバスは81番。シティ中心部に向かうバスは満席で立っている人もいる中、ブッチャートガーデン行きのバスには私のほかにあと2人しか乗っていませんでした。

ブッチャートガーデンまではバスで約1時間。遠いわ〜

ブッチャートガーデンズ

ようやくブッチャートガーデンに到着!

右側の窓口でチケットを購入して中へ。

看板がお出迎え。

右手にはギフトショップが。

左手の看板のほうを進むと園内に入ります。

きちんと手入れされた園内は思ったほど広大ではなく、写真を撮りながらゆったり周っても1時間半あれば全て観れると思います。

園内の写真をいくつか連続で。

緑がキレイ🌳

銅像シリーズ🗽

これは銅像じゃなくて本物の鳥!🕊

お花シリーズ🌼

さて、1時間半で周りきって時刻は11時半ごろ。ブッチャートガーデンズ内にもカフェレストランがありますが、ダウンタウンに移動して昼食をとることにしました。

バス🚌で40分ほどかけてビクトリアのダウンタウンへ。

イタリアンでランチ

お昼はGoogle Mapで調べて見つけたイタリアンのお店に入ってみました。

II Terrazzo

住所:555 Johnson St, Victoria, BC V8W 1M2, Canada

パスタとスパークリングワインでお昼から贅沢〜❤

店内は日が差していて明るく、お料理もとても美味しかったです。

食事の後は、現地在住の友人におすすめされたFisherman’s Wharf(フィッシャーマンズワーフ)へ。

ダウンタウンから2番のバスに乗って15〜20分程度で到着します。

フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフは、海上に浮かぶ家が立ち並ぶベイエリア。

そのポップな家々は観光用に作られたかのようですが、ちゃんと住人がいてここで生活を営んでいます。

それぞれの家ごとに個性があって、とても面白いです。

個人的にはこんなに観光客にジロジロ見られる家には住めないな〜と思いましたが😅

レストランやショップも立ち並んでいます。

州議事堂

ダウンタウンに戻って、ダウンタウン南側に位置するLegislative Assembly of British Columbia(ブリティッシュコロンビア州議事堂)へ。

今回中には入りませんでしたが、内部見学ツアーもやっています。

ダウンタウンを散策

州議事堂を見終わったら、ダウンタウンを歩いて散策しました。

カラフルな建物が可愛いPaper Box Arcade(ペーパーボックスアーケード)。Johnson Street(ジョンソンストリート)にあります。

ジョンソンストリートからも近い、Fisgard St(フィスガードストリート)に突如現れるのはVictoria’s Chinatown(ビクトリアズチャイナタウン)。その名の通りチャイナタウンです。

中国系のショップが立ち並んでいます。通りを歩く人々も突如中国系が増えます。

フィスガードストリートの途中を折れたところにあるFan Tan Alley(ファンタンアリー)という小路地にはその細〜い路地にいくつものショップがあります。

知らないと見逃してしまうような本当に細い路地ですが、とても可愛らしいおしゃれな通りなので、ぜひのぞいてみてください。

ロッキー・マウンテン・チョコレート・ファクトリー

こちらのRocky Mountain Chocolate Factory(ロッキー・マウンテン・チョコレート・ファクトリー)というお店、カナダ旅行中いたるところで見かけました。

1988年にウィスラーで最初の店舗がオープンして以来拡大を広げ、現在カナダ全土に渡り55店舗あるそうです。

普通のチョコレートよりも、リンゴをチョコレートやキャラメルでコーティングしたカナダ版りんご飴のような商品が目玉のようで、どの店舗でもショーケースにはこれが並べられていました。

私が頂いたのはマシュマロ・チョコレート・ナッツ・キャラメルでコーティングされた一品。

お味はというと、うーん、別々で食べてるのとあまり変わらない。笑

リンゴの酸味と、チョコレートなどの甘さが合うんだと思いますが、思ったより普通!

見た目のインパクトが強いのでちょっと期待しすぎちゃったかな。

美味しくないわけでは決してないので、カナダ旅行記念にぜひお試しください♫

フェリーにて帰路バンクーバーへ

帰りは21時発の最終フェリーに乗りました。※夏のシーズン中盤は22時もあるようです。

夜ご飯はフェリーにて。丼と、名物のクラムチャウダー。

フェリーの乗船時間だけで1時間半あり、さらにバンクーバーのフェリーターミナルからダウンタウンまで1時間半ほどかかるので、宿に着いたのは12時を回っていました。

朝4時起きだったので疲れたー!けど無駄なく過ごせました。

明日はウィスラーへ!

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする