カナダ一人旅19日目!圧巻の美しさノートルダム大聖堂 & 全長33kmの地下街をショッピング!

カナダ旅行19日目は、モントリオール滞在4日目。

天気があまり良くないので、ノートルダム大聖堂を見学し、あとは地下街を歩き回る室内中心のプランにしました。

◆本日のスケジュール◆

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

Notre-Dame Basilica of Montreal (ノートルダム大聖堂)

モントリオール到着日に実は外観だけ見て中には入らなかったノートルダム大聖堂を今日は内部も見学しました。

到着日は快晴でしたが、今日は残念ながら雲に覆われています。写真はせっかくなので快晴の時のを。

人気の観光名所になっており、世界中から人々が訪れています。入場料がかかりますが、それでも列ができています。入場料は大人6ドルで現金のみ💰お釣りはもらえますがなるべくぴったりもしくは小さいお札を用意したほうが良いと思います。

1829年に創設されたゴシック様式の建築は、入った瞬間からその美しさに圧倒されます。全体的に青を基調としており、水色の床が祭壇のほうへ続いています。

天井も水色の下地に模様が入ったデザインで、中心にあるステンドグラスからは明かりが差し込んでいます。

言葉にならないほど美しい祭壇です。

階段にある彫刻も見事なもので、また入り口側を振り返ると立派なパイプオルガンがあります。

両サイドにも美しいステンドグラスや彫刻があり、お祈りのスペースが設けられています。

これまで訪れたどの教会よりも美しい建築&装飾の大聖堂でしたが、観光客が多すぎて神聖な雰囲気は少し削がれてしまっています。それでも一度訪れる価値のある場所だと思います。

7月から10月までの間は、英語またはフランス語で開催される1時間のガイドツアーもあるので、興味のある方は予約してみてください。(大人12ドル)

ちなみに月曜〜土曜までは毎朝8時から20分のガイドツアーもあるので、タイミングを合わせて行ってみるのもあり。(日曜日は昼の12時半〜午後4時まで)

※ツアーの時間は変わる可能性があるので、最新情報は直接大聖堂のホームページで調べてみてください。

Le Centre Eaton de Montréal(モントリオール地下街 〜イートンセンター〜)

続いて向かったのは、モントリオール地下街の一つである、イートンセンター。

モントリオールは冬の気温がマイナス30度くらいまで下がることもあるため、地下街が発達しています。

地下街の全長は33kmにも及び、複数のビルや地下鉄の駅をまたいで続いています。

イートンセンターは中でも最も栄えているショッピングモールで、数々のショップやレストランが立ち並ぶSaint-Catherineストリート沿いに建っています。最寄駅はマクギル大学が有名なMcGILL駅。

地上5階建てのビルで、約180の店舗が入っています。3階にあるインフォメーションデスクでパンフレットや周辺の観光情報を教えてくれるので、ぜひ最初に行ってみてください。

ちらっといくつかお店を見てから、ランチを探しにフードコートへ。

フードコートはかなり広く、選択肢がたくさんあります。平日ということもあり休憩中のビジネスマンらしき人もたくさんいました。

モントリオール滞在中いろんなところで広告を見かけたタイ料理のチェーン店『Thai express』で、チキンのスイートサワー炒め的なのを注文しました。普通に美味しかったし、テイクアウトのお店なのでチップも無く安く済みます。

フードコートには充電できるコーナーもありました。あまり接続は良くないですが、Wi-Fiもあります。

イートンセンターの最上階5階には、Grévin Montréalというワックスミュージアム(蝋人形館)があり、120体を超える著名人の蝋人形がコレクションされています。

観光名所として推してるみたいですが、海外の著名人にあまり詳しくないので興味が湧かず😅 安ければ試しに入っても良かったのですが、大人22ドルとかなり良いお値段だったのでやめました。興味のある方は是非。

イートンセンター内ではありませんが、地下街のショッピングモールの一つに、『Place Ville Marie』というビルがあります。

このビルの44階には、Observatoireというモントリオールが360度見渡せる展望台があり、観光スポットの一つになっています。

こちらも大人21.85ドルでなかなか良いお値段ですが、地上185メートルからの眺めは圧巻なこと間違いなし。レストランもあり、大都会モントリオールの景色を眺めながら食事を楽しむことができます。※レストランは予約推奨

Barbie Expo(バービーエキスポ)

お次はモントリオールとはあんまり関係ない観光ですが、モントリオール地下街の一角で、ダウンタウンの真ん中を走るRue Peelというストリート沿いにショッピングモール 『Les Cours Mont-Royal』があり、バービーエキスポが開催されていました。

こちらのショッピングモールはイートンセンターと比べて高級志向にあり、ハイエンドなブランドやお店が並んでいて雰囲気も落ち着いています。

バービーエキスポは2階にあり、エントリーは無料で受付もなく誰でも自由に行き来できます。

予想より広く、1000体以上のバービーが陳列されていました。

このバービーエキスポの主旨は子供時代に遊んだバービー人形を思い出すものというよりは、一流のファッションデザイナー達によってドレスアップした洗練されたバービーの姿を楽しむといったものです。

ディオールやアルマーニをはじめとした世界的に名高いデザイナーによるドレスを着ています。

もはやバービーって呼んでいいのか?という感じのゾンビバービー🧟‍♀️や、実在する人物を模したちょっと年取ったバービー人形もあったりします。

ウィリアム王子とケイト夫人もいたー!

映画の登場人物や実在の人物を模したバービー人形もたくさんあって面白いので、ぜひ行ってみてください。

もはやバービーエキスポというより、人形エキスポですが、見応えあります。

カナダ発祥のラーメン店『Kinton Ramen』でディナー!

1日中ショッピングモールを歩き回って疲れた足を休めるためにフードコートで休憩していると、隣の人がラーメンと餃子を食べ始めました。その香りがあまりに食欲をそそるもので、本日のディナーはラーメンに決定🍜

でもフードコートじゃなくてどうせなら美味しいところがいい!ってことで調べた結果、Kinton Ramenという、カナダ発祥のラーメン店があるのを発見し、行ってみました。

豚のマークが可愛いくて、小洒落てます。

Kinton Ramenは、2012年5月にトロントで最初の店舗がオープンしました。カナダ発ですが、日本人シェフによる本格的な日本のラーメン店です。

カナダ国内で成功し、日本に逆輸入という形で2018年5月に三軒茶屋店がオープンしたばかりのようです。

メニューはメインの具、スープの種類、麺の硬さ、トッピングをそれぞれ自分で選べるようになっていて、私は細麺のネギ乗せ豚チャーシュー味噌ラーメンにしました。

ちょっと脂っこかったけど、味はなかなか美味しかったです。

スタッフは日本人を中心にアジア系と、黒人が何人か働いていました。

お客さんの出入り時に「いらっしゃいませ!」や「ありがとうございました!」と元気の良い掛け声が聞けて、カナダにいながら日本の雰囲気が味わえます。

旅行中に日本食が恋しくなった時はぜひ行ってみてください。

おまけ〜カナダで流行中?!KANKENのリュックが大人気〜

モントリオールだけでなくカナダのどこでも見かけたのが、スウェーデン発のKANKENのリュック。フェールラーベンという名前のほうが知られてるかな?

日本でも見たことあるかもしれませんが、カラフルで四角い形が特徴的で、耐久性に優れた素材で作られています。カナダでは本当にいろんなところで売られているのを見かけました。男女問わないデザインだし良いですよね。持ってるだけでファッションのアクセントになるので、購入検討中♪

さて、明日はモントリオール5日目。天気も良いので忙しい1日になりそうです。

↓旅行中にあると便利な一冊。オススメです!↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする