カナダ一人旅1日目!まさかの飛行機に乗り遅れる

3週間という長〜いカナダ旅行もあと1日で終わりです。

いやー、正直長すぎた!2週間で飽きた。笑 でも変更のきかない航空券をすでに買っていたので、切り上げて帰るわけにもいかず、、なんとか3週間粘りました。笑

旅行中にできれば並行してブログをアップしたかったのですが、、全くそんな暇もなく。書くからにはしっかり書きたいしね。

でも旅行中はあった出来事を忘れないようになるべくメモを取るようにしていました。

いつも旅行に行ってもどんなことがあったか、どんな場所だったか忘れてしまうことが多いので、自分の備忘録も兼ねてブログに残しておこうと思います。

ただの日記にならないように役立つ情報も書いていくので、カナダ旅行をお考えの方、ぜひご覧ください。

記念すべきカナダ旅行シリーズ最初の記事は、情報としては役に立たない波乱の展開になってますが。笑

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

事件は空港で起きた

今回のカナダ旅行では、 Expediaというブッキングサイトを通して飛行機を予約しました。

普段は航空会社を通して直接予約することが多いのですが、私の最寄り空港であるクライストチャーチからカナダへの直行便は出ていないため、どんな行き方があるのか値段も合わせて選択肢を見れるExpediaを利用することにしました。

今回は航空券のみで利用しましたが、航空券とホテルの検索を同時にできたりととっても便利なので、個人旅行の方、Expediaおすすめです。
カナダ・バンクーバーの人気&おすすめホテル☆

さてその結果、クライストチャーチ→シドニー→ロサンゼルス→バンクーバーというフライトが特別安く取れるため、これで行くことにしました。

値段が安い分時間はかかりますが、時間はたっぷりあるので、目を瞑ることにしました。

さて、それはさておき、表題に戻ります。

事件はシドニーで、ロサンゼルスへの乗り換え便を待っている時に起こりました。

シドニーに到着したのは8時半。

ロサンゼルスへの乗り換えの飛行機の搭乗開始時間は10時40分。

2時間近くあるので、朝食を空港のカフェで取りつつ友人と電話しながらのんびりと過ごしていました。

その時です。耳を疑うアナウンスを聞いたのは。

え?今私の名前呼ばれた?しかもファイナルコールって言った?!

まだ搭乗時間までかなりあるはずなのになぜファイナルコールで呼ばれているのか混乱しながらも、走って搭乗口に向かいます。

すると、前方から私を探していた女性スタッフが、私を見つけ「いったいどこにいたのよ!!!(英語です)」と半分怒って叫びました。

混乱したままでしたがとりあえずその剣幕に思わずSorryと言いながら彼女と一緒に搭乗口に走りましたが、あと10歩というところで彼女のもとに電話がかかり、無残にももう乗せられないと言われたのです、、、。

「もう遅い、飛行機行っちゃったから。来るの遅すぎ!」と再びキレられた私ですが、頭が真っ白になりながらも、搭乗時間はまだのはずということを思い出し、搭乗券を彼女に見せました。

すると搭乗券を見た彼女、

What!! Why!!?

いや、こっちが聞きたい!笑

ただいまの時刻、9時20分。搭乗券に印刷されている時間までまだあと1時間もある。

彼女はなんてこった、、と頭をおさえ、私をカスタマーサービスの男性に託しました。その時カフェかどっかに行って待ってるか聞かれましたが、カフェに行ってなきゃいけないくらい時間がかかるってことか、、?と一抹の不安を覚えたので、ここにいますと宣言。

カスタマーサービスのおじさんはめっちゃくちゃ忙しそうでした。ずっと電話しながらパソコンとにらめっこ。長電話というわけではなく、1回切っても5秒以内に次の電話がかかってきてそれを取っての繰り返し。そのため私は彼と会話をすることもなくひたすら、カウンターで待ちました。

30分ほど待って、ようやく手配が整った様子。そして掛けられた言葉は。

おじさん:YouはDallasに行くんだ。

ダラスという地名をね、私は生まれて初めて聞きましたこの時。

言うてもLAの代わりにDallasなわけだし、そんな遠くないだろうと思って、とりあえずその新しいチケットもらって、お礼言ってその場を離れてから、ググってみたよね。

いや、Dallas遠っ!!!!

ご覧の通り、LAは左端にございます。

しかも出発時間は2時間後、、。でももう仕方ないので、待ちました。

結局何の説明も謝罪もなかったけど、私が渡された搭乗券の搭乗開始時間が1時間間違って印刷されてたってことですね。

こんなことあるんかー(T . T)

航空会社側のミスなのでもちろん新しいチケット代を払う必要はありませんでしたが、、

教訓:航空券のみを信じないで、空港のタイムテーブルをちゃんと目視で確認しよう!

今度は2時間前から搭乗ゲートの側で待機しましたよ。笑

その後のDallasからバンクーバーまでの乗り換えはスムーズに問題なく行きましたが、結局Dallasまで遠回りしてる分、バンクーバーへの到着は予定より5時間ほど遅れることになりました。

まぁでも5時間で済んだのは幸いでした。

バンクーバー到着!

夜9時頃に宿(Airbnb)に到着。チェックインの時間が大幅にズレたにも関わらず快く受け入れてくださり本当にありがたかったです。

宿のすぐそばが海になっており、荷物を置いてとりあえずギリギリ明るい海辺を散策しました。

9時過ぎてるのにまだ明るいなんて、この時期のカナダ最高ー!な瞬間。

ちなみに一番下の写真の右端の良い感じに写ってるおじさん、上裸ね。かなり肌寒いんですけどー!

その後は夜ご飯を求めて街のほうへ。ほとんどの飲食店が22時に閉まるみたい。ギリギリセーフ!

といってもここに決めたと思って入ったタイレストランは9時50分でしたがcloseと言われ諦め、うろうろしているうちに徐々にお店が閉まっていき、何とか滑り込みで FAT BURGERという名前からして不健康極まりないバーガー屋さんに入りました。

この時間の夜ご飯にはヘビーだわ〜

入った時点で2組しかいませんでしたがすでにほとんど食べ終わってる人達だったので最終的に店内は私1人になり、締めの清掃が始まりました。

あんまり居続けるのも悪いなと思いポテトは持ち帰りにしてもらいました。

あ、ところで早速NZとカナダの違いを体験。というかイギリス英語とアメリカ英語の違い。

知ってはいたけど、ポテトはカナダではFries(フライズ)なんですね〜ちなみにニュージーランドではChips(チップス)ですよ。

カナダに来たんだな!と感じれた瞬間でした。

波乱の初日でしたが、気を取り直して明日からは本格的に観光スタートです!

↓旅行中にあると便利な一冊。オススメです!↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする