一度観たら絶対ハマる!アメリカのTVドラマシリーズ「マーベラス・ミセス・メイゼル」

アマゾンで買い物をすることが多い私。お届け日時の指定やお急ぎ便などが無料で使えるAmazonプライム会員に30日間無料お試しをした後、すっかり解約するのを忘れていたため、1年間分の会費が自動的に口座から落とされてしまいました。

こうなったら仕方ない、お金も払ってしまったことだしプライム会員特典を存分に使ってしまおう!ということで、英語の勉強も兼ねてAmazonプライムビデオで海外ドラマを最近観るようになりました。

その中ですっかりハマったのが、アメリカ発のコメディTVドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカをはじめ海外ではコメディといえばスタンドアップコメディ(Stand-up comedy)が大人気。

スタンドアップコメディとは、1人でマイクスタンドの前に立ち観客に向かって話し続けるスタイルの西洋漫談のこと。

ジョークを交えた話術で観客を引き込む技量が必要です。

マーベラス・ミセス・メイゼルではこのスタンドアップコメディをこれでもか、というくらい楽しむことができます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

あらすじ

舞台は1958年ニューヨーク。ミッジ・メイゼルは、大学卒業と同時に結婚し、夫のジョールと2人の子どもと一緒にアッパーウェストサイドで華やかな暮らしをしていました。

しかしある出来事をきっかけに、夫のジョールが家から出ていき、ミッジはヤケ酒をして酔っ払ったまま、酒場「ガスライト」で勝手に舞台にあがり漫談をします。

舞台で自分の胸を露わにしたために、警察に連れていかれたミッジですが、彼女の漫談を観ていた「ガスライト」のスタッフ、スージーからコメディアンとしての才能、大物になる可能性を見出され、そこから2人三脚で奮闘していく様子を描いた作品です。

マーベラス・ミセス・メイゼルはAmazonプライム会員なら完全無料!今なら30日間無料お試しで観れちゃう!

キャラクターが個性的で魅力的!

出てくるキャラクターが皆とにかく個性的で、話を重ねるごとにそれぞれのキャラクターに愛着が湧いてきます。

※ちょこちょこネタバレコメントがあるので、大丈夫な方だけお読みください。

ミッジ

主人公のミッジ・メイゼルは、美しい容姿を夫に見えないところで毎日努力し維持する主婦。

夫のジョールは副社長として自分の叔父の会社で働きながらも、コメディアンとして成功する夢を追っています。

ミッジは夫のためにガスライトでの出演枠を確保するのに奔走したり、夫の出演中にメモを取って何が良くて何がダメだったのか研究したりと、とにかく献身的。

ミッジほどよく出来た奥さんいないよ!と思いますが、ジョールとしては少し窮屈な面もあったのかもしれません。

ジョール

一方のジョールは、とにかくダメ男!いや、副社長だし、表向きはとても良い男だと思いますが、自分の仕事が忙しくてガスライトでの出演枠を取り忘れたら、妻のミッジに何とかしろとイライラマックスで怒鳴ったり、出演枠の時間が遅かったら文句を言って妻に時間の変更をさせたり、とにかく子どもみたい。

怒るだけ怒って自分で解決するために動くのではなく、ミッジにさせるというのがダメ男すぎる!

さらには若い10代の秘書と浮気もするし、ミッジと別居することになった時に、今まで住んでいた家の名義がジョールではなくジョールの父の物であることも発覚するなど、甘ったれのおぼっちゃん感が否めません。(ボロクソ言ってますねw

ジョールだけは正直好きにはなれないキャラクターだけど、このダメ男ぶりが物語を面白くしてくれているのは確か。

ミッジのパパ・ママ

大学で教鞭をとる数学者のパパは気難しい性格。かと思えば昔からずっと憧れていた有名な研究所から仕事のオファーが来たら、全く乗り気でないように振る舞いながらも内心ではめちゃめちゃ喜んでいるのを隠してたとか、お茶目な面も。

ミッジママはミッジと同じく夫にバレないように美貌を保ち、太らないよう食事にもとても気を遣っています。娘のミッジのことがとにかく心配で、少し過干渉な面も。何かあると胡散臭い占い師のところに駆け込んでしまいます。

ジョールのパパ・ママ

パパは洋裁工場を営む社長で、とにかくお喋り。空気を読まないタイプですが、息子ジョールのことはよく分かっていて、ミッジのパパにジョールは必ずミッジのもとに戻るよ、あいつは意志が弱いからねと言ったり、ジョールから紹介された浮気相手のペニー・パンを冷静にジョールにダメ出ししたりと時々ビシッと的を得たことを言ってきます。

ジョールのママはパパに合わせて大体ニコニコ。食べるのが好きなのか、ミッジ家で勝手に冷蔵庫を探ったり、人のデザートを食べようとしたりして目立たないけどクスッと笑わせてくる存在。

スージー

ガスライトで働くスージーは気難しいコメディオタク。

人のネタを盗んで演っていたジョールの舞台を苦虫を潰したような顔で観ていたり、コメディへのこだわりが強いのが分かります。

背が低く男のような容姿で、言葉遣いも汚く、他人は敬遠しそうなタイプ。

しかしミッジの才能に心を奪われ、ミッジと自身の成功のために奮闘する姿は未来の希望に満ち溢れた少年を見ているかのような気分になりました。

スージーとミッジの凸凹コンビが織りなす数々のドラマはこの物語の見どころの一つです。

その他にも、ミッジの友人や、デパートでの同僚など、面白い登場人物がたくさん。脇役にも個性が溢れているのがマーベラス・ミセス・メイゼルの特長です。

そして忘れてはならないのが、ミッジが着こなす1950年代の衣装!とにかくおしゃれで可愛いので、ファッション好きならそれだけでも観る価値あり。まさにマーベラスな衣装です!

本当におすすめの作品なのでぜひ、機会があったらご覧あれ!

マーベラス・ミセス・メイゼルはAmazonプライムビデオで楽しめます!

他にもたくさんの良作あり♩

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする