クライストチャーチで一番のおしゃれショッピングモール『The Tannery』に行ってみた

クライストチャーチにはいくつかショッピングモールがありますが、その中で唯一、おしゃれ(な見た目)だなと思うのが『The Tannery』。

クライストチャーチの中心部からは少し東側に離れたリトルトン方面に向かう途中にあります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

マップ

The Tannery

日曜日に行きましたが、見ての通りほぼ満車で賑わっていました。

煉瓦造りの外観がおしゃれ。

横浜の赤レンガ倉庫、、とはまた違う外観の煉瓦造りだけど、おしゃれ感漂う雰囲気はなんとなく似てる気がします。

煉瓦造りの建物と反対側。こちら側も満車。そしてこちらは煉瓦造りではない。もう少しカジュアルな外観。

サーフボードやおしゃれな自転車屋、ヨガグッズやビビッドなカラーとお花の柄がトレードマークの雑貨屋マリメッコなどが入っています。

煉瓦造りの建物に入ってみます。

おっしゃれー!

ヨーロッパの街並みのような雰囲気。

フランスしか行ったことないけど。

手前にピアノがあります。インテリアなのか、たまに弾く人が来るのかは謎です。

いろいろなお店が入っています。

お花屋さんのMrs Bottomleys Flowers。

ベビー&キッズ服やおもちゃ、赤ちゃんケアグッズなどを扱うLittle Folk。

厳選されたニュージーランドやオーストラリアのデザイナーによる、オーガニックにこだわった自然素材のベビー服やケアグッズのみを扱っているのでギフトにもおすすめです。

雑貨屋さんCosi Fan Tutte。お店の外には可愛いデザインのポストカードがたくさん💗

洋服からアクセサリー、ソープにローションをはじめとして、ヨーロッパのホームウェア商品やおもちゃなど何でもありな雑貨屋です。

洋服屋もいくつか入ってました。

この写真はRecycle Boutique。

リサイクルブティックは、オークランドにもある全国展開しているチェーンの古着屋さんです。

洋服の他にも靴やベルト、カバンなどの服飾雑貨も扱っています。古着屋だからといってめちゃめちゃ安いわけでもないのですが、掘り出し物が見つかることもあるのでおすすめ。

床屋さんのMankind Barbers。床屋すらなんかおしゃれ。

郵便局も兼ねた本屋さんSmith’s Bookshop。

たぶんニュージーランドで一番おしゃれな郵便局だと思う。

すごく昔の新聞などの骨董本をはじめ、あまり普通の本屋では見かけない珍しい本など、本のセレクトも素敵でした。

さて、トイレすらおしゃれで思わず写真撮ってしまった。ちなみに便座も木でおしゃれだった、、、どんだけー。

建物の端っこには映画館がありました。車の数ほどお店に人がいるようには見えなかったので、映画館を利用している人がけっこう多かったようです。

ひと通りお店を見てひと息つきたかったので『The Quay』というカフェでひと休み。

見た目にそそられてティラミスと、チャイラテを注文しました。

普段はモカチーノやらホットチョコレートを頼むことが多いですが、ティラミスにはくどすぎるかな、と思いチャイラテをチョイス。

だがしかし、ティラミス全然コーヒーの味がしなかった。笑

どうやって作ってるんだろう、、、。

チャイラテはとても美味しかったです。しかしケーキ1個食べるのが厳しくなってきたなぁ最近。途中から気持ち悪くなってくる。歳とるって怖いわ〜

まとめ

この記事に載せたのはほんの一部で、他にもたくさんショップやカフェがあります。

とはいえそれほど広いわけではないので、じっくり見ても2時間あれば全てまわれると思います。

おしゃれスポットが少ないニュージーランドですが、ここなら素敵な写真が撮れるかも?笑

まだ行ったことがない方はぜひ一度。

おまけ

この日のボタニックガーデンでの一枚。3月も半ば、秋の気配が漂ってきています。日本は春の気配が漂ってる頃ですね。

季節の変わり目なので風邪には気をつけましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする