【海外・日本共通】シェアハウスに住むべき6つの理由(メリット)

日本で実家から独立すると、たいていの人が一人暮らしをすると思います。

私も大学入学と同時に一人暮らしをはじめ、社会人になってからも含めると7年以上一人暮らしをしました。

社会人数年目で海外移住を決意し、それからお金を貯めるために色々調べた結果、シェアハウスにたどり着きました。

東京でシェアハウスに住み、その後ニュージーランド移住後もシェアハウスにいくつか住んだ私が、シェアハウスに住む5つのメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

シェアハウスとは?

ちなみにシェアハウスってなんだかわかりますか?

シェアハウスとは、他人または友人などと、一つの家をシェア(共有)して暮らすことです。

大抵の場合、キッチン・トイレ・お風呂やシャワーは共同で、ベッドルームはそれぞれ個室があります。

さらにシェアハウスによっては、ドミトリーと呼ばれる一つの部屋を何人かとシェアするスタイルもあります。

私の経験から、海外も日本もシェアハウスのスタイルはほとんど変わらないです。

それでは、シェアハウスをすべき6つの理由(メリット)を見ていきます。

シェアハウスのメリット

1. 家賃が安い

シェアハウスで1番のメリットは、なんといっても家賃の安さ!

立地の良い都心のマンションやアパートでさえ、シェアハウスなら物件によっては5万円以下で住むことができます。

一人暮らしを東京でするとなると小さくて古めのアパートでも安くて8万円前後はするので、とても大きな違いです。

ちなみに私が住んでいた都心ど真ん中のシェアハウスは、4万円で水道光熱費、Wi-Fiも込みでした。

海外でも同じく、シェアハウスは家賃が安いです。また日本も海外も共通で、シェアハウスには家具がもともと揃っています。なので、ベッドやソファー、テレビや冷蔵庫、キッチン用品などをそろえるお金が全くかかりません。一人暮らしと比べて断然お得ですね。

2万円台で始められるシェアハウス

2. いろいろ共有できる

シェアハウスには自分以外にも何人か人が住んでいるので、物を共有できることがあります。

たとえば作りすぎた料理を共有したり、お菓子作りが好きな人がいるとみんなに作ってくれたりします。

また食べ物以外にも、ドライヤーが突然壊れてしまったから他の人に借りたり、めったに自分で使うことはないけどその時だけ使いたい物がある時などに、他の人が持っていたら借りれたりします。

また、宅配便や郵便物の受け取りも、自分が家にいなくても誰かが代わりに受け取ってくれる可能性が高くなるので便利です。

3. 一人暮らしより安全・安心

一緒に暮らしている人達が安全な人達ということが前提でのお話ですが、家に帰って誰かがいるというのは、防犯面で安心です。

実は以前東京で一人暮らしをしていた時に、空き巣に入られたことがあります。その後しばらくは誰もいない家に帰るのが怖かったのを覚えています。

シェアハウスであれば誰かしら家にいることが多いので、そういった面で安心です。とはいえ知らない男性と一緒の家に住むのは不安という女性も多いと思いますが、今は女性専用のシェアハウスもたくさんあります。

私も今まで女性専用のシェアハウスに住んだことが何回かありますが、正直男女兼用のシェアハウスに比べて、女性専用のほうがキレイなので、おすすめです😅

東京都内の女性専用シェアハウス!

4. 寂しくない・話し相手がいる

一人暮らしだと家に帰ってきても話し相手はいませんが、シェアハウスであれば誰かしら話し相手がいます。

くだらないことや、落ち込んだ時、面白いことや嬉しいことがあった時に、家に帰って誰かに話せるのは良いものです。

またクリスマスやバレンタインなどのイベントごとで予定がない時に、シェアハウスのメンバーで自宅パーティーをすることもあるので、寂しい思いをすることが少なくなります。

私が今まで住んできたシェアハウスの場合は、全員がもともと他人の場合が多く、そういう意味では仕事の愚痴なども言いやすかったです。家の外では関わることがないので、なんでも話しやすい環境なのです。

また海外のシェアハウスの場合は、英語など言語の勉強にもなります。

5. 人としてある程度まともになる(笑)

一人暮らししてると、誰にも見られないのをいいことに部屋を散らかしてしまったりしませんか? 私の場合は散らかし放題だったので、シェアハウスに移ってから、まともな(笑)生活を送れるようになりました。

他人と一緒に暮らすということは、ある程度の配慮が必要なので、共同エリアを綺麗に使ったり、自分のスペースをなるべく散らかさないなど気を付けるようになります。

シェアハウスに住むことで掃除をきちんとするようになったり、キッチンを使ったらある程度キレイにしておくなど、基本的なことができるようになりました。笑

もちろん一人暮らししていてもできることなのですが、一人暮らしよりも人の目があるのでプレッシャーになって良かったです。

6. 友達の輪が広がる

シェアハウスには本当にいろいろな人が住んでいます。今までの人生で関わったことのないタイプの人や、珍しい職業の人、年齢が離れていて普段知り合う機会がなさそうな人など、一人暮らしをしていたら出会わなかったであろう人達との出会いがたくさんあります。

また都内のシェアハウスでは海外からの留学生などが暮らしていることも多く、家にいながら国際交流ができちゃいます。

海外のシェアハウスでも、同様に友達をつくるにはもってこいの場所です。

まとめ

いかがでしたか?

シェアハウスには良いところがたくさんあります。シェアハウスに住む前は、他人と一緒に暮らすなんてありえない!家ではリラックスしたい!と思っていましたが、いざ住んでみたらなんのことはない、人がいようが十分くつろげます。というか他の人も家ではくつろぎたいと思っているので、おのおのリラックスして過ごしています。

お金を貯めたい人、留学前に国際交流したい人、人と違った暮らしがしてみたい人、新しい出会いがほしい人など、いろいろな人におすすめです。



スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする