ニュージーランド人て普段何を食べてるの?ニュージーランドの国民的料理や食べ物をまとめてみた。

日本といえば寿司、インドといえばカレー、韓国といったらキムチ、、といったように国ごとに代表的な国民的料理や食べ物がありますが、ニュージーランドにはパッと思い付くものがあまりないと思います。

そこで、Kiwi(ニュージーランド人の愛称)の友人達から聞いたニュージーランドの国民的食べ物について情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

ニュージーランドの国民的食べ物とは

パブロバ (Pavlova)

スーパーで売られているパブロバの土台

メレンゲ、ホイップクリームで作られたケーキ生地にキウィなどのフルーツを乗せたデザートで、スーパーでもケーキコーナーで必ず見かけます。オーストラリア人からするとパブロバはオーストラリアがニュージーランドに持ち込んで広まったという認識のようでそのあたりの事実はわかりませんが、NZの家庭で愛されている食べ物です。

ミートパイ

ミンチ肉が包まれた丸い小さなパイは、ニュージーランドのどこのパン屋やガソリンスタンド、コンビニなどでも手に入るお手軽な食べ物です。日本でいうおにぎりのような位置付けと考えられます。ミンチ、チーズ、ステーキなどいろいろなフレーバーがあります。

ホーキーポーキー(Hokey pokey)

ホーキーポーキーとはニュージーランドのアイスクリームのフレーバーの一つで、バニラに蜂蜜や砂糖を使った小さなつぶつぶの飴が入った、キャラメルのような味がします。とっても美味しくて老若男女に大人気。観光地のアイスクリーム屋さんなどでもたいていホーキーポーキー味があるので、ぜひお試しください。

フィッシュ&チップス(fish and chips)

フィッシュ&チップスはイギリスを代表する料理として有名ですが、欧州文化の根付いているニュージーランドでも欠かせない国民的料理です。カラッと衣をつけて揚げた白身魚に、ポテトフライが添えられた一皿。どこの町に行ってもほぼ必ずフィッシュ&チップスのお店があるので、食べ比べるのも良し👍

トマトソース

日本ではケチャップが主流ですが、ニュージーランドではトマトソースが主流。パンやスパゲティ、ソーセージなど何にでもかけます。トマトソースというと日本ではパスタソースのようなイメージがありますが、NZでトマトソースというと、見た目や使い方はほぼケチャップと一緒です。スーパーにはケチャップもトマトソースも両方売ってますが、味の違いとしては、トマトソースのほうが少し甘味が強くてケチャップのほうが少し酸味があります。

缶のスパゲティ(Tinned spaghetti )

ニュージーランドのスーパーで必ず見かける、缶入りのスパゲティ。とにかくめちゃくちゃ柔らかいパスタがトマトソースに浸かっているという代物。Kiwiの友人によると、パンの上に載せて食べたりするそう。上の写真の缶のパッケージにも、スパゲティの上に平たいパンが一枚載ってますね😅 とても海外らしい一品。

マーマイト(Marmite)

マーマイトはパンなどに塗るスプレッドの商品の一つで、もともとはイギリスで発祥したもの。サニタリウムというニュージーランドの会社が作っているバージョンはオーストラレーシア(南太平洋地域)のみで販売されており、その他全世界で売られているのはイギリスバージョンなので、ちょっとレアです。肝心のお味は、、、ニュージーランドに来たらぜひお試しあれ。

マヌカハニー

お土産品の定番、マヌカハニーですがスーパーでも普通に売られています。ただ毎日使うには値段がほかの蜂蜜より高いので、常備しているかは家庭によって異なる模様。のど飴や、化粧品などでマヌカハニーが使用されている商品もたくさんあります。マヌカハニーではなくとも、蜂蜜を常備しているご家庭は多いです。

ラム肉(子羊)

ニュージーランドといえば羊ということで、ラム肉を食べているイメージが強いと思いますが、家庭料理でそれほどラムが大人気というわけではありません。牛も豚も鶏も羊も同様に食べられています。しかし日本との違いは、やはりレストランでラム肉がメニューにあることが多い点です。日本で羊肉というと臭みが強いイメージがありますが、ニュージーランドのラム肉はとても食べやすいです。

サーモン

ニュージーランドはスーパーで日本ほどたくさんさんの魚の種類を見かけません。タラヒキやホキという数種類の白身魚のほかは、ほぼサーモンです。かといって有名なサーモン料理があるかという訳でもないのですが、各地でサーモンが養殖されていて、多くのレストランでサーモンを使った料理が提供されています。

ハンギ (Hāngi)

ハンギとはニュージーランドの先住民族マオリの伝統料理で、土を掘った地中のオーブンで長時間かけて肉や野菜を低温調理したもの。調理に丸一日と時間がかかることから、現代では特別なイベントごとなどだけで振舞われるようになっています。

普段食べることはほとんどありませんが、ニュージーランドの伝統料理としてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたか?

これまで一緒に生活したことのあるKiwiの食事を振り返ると、やはり洋食が中心で、朝はだいたいパンかシリアルを食べています。個人的に感じるのは、日本人よりもフルーツをたくさん食べている印象です。

特にニュージーランドのリンゴは日本より小さめで、切って食べるのではなくそのままかじりつくのが当たり前。むしろ切って食べていたらなんて上品なんだとビックリされそう😆

私がこちらにきて意外だったのは、ニュージーランド人もお米を割と普通に食べるということ。お米はアジアなイメージが強かったですが、意外とKiwiのお宅にもあります。

ニュージーランドに滞在中はぜひ、ニュージーランドらしい食事をお試しあれ♩

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする