架空請求業者と会話しようと思ったら一瞬で終了した件w

去年記事にしようと思って忘れてたやつをアップします。

とある日、アイルランドに住んでいる日本人の友人から久しぶりにLINEでメッセージが届きました。

何かと思いきや、ちょっと手伝ってほしいとのこと。

その内容が、近くのコンビニでBitCashカードを買ってきてほしいというもの。笑

アイルランドから、ニュージーランドに住んでる友人に頼むことか?ww

そう、あからさまに、架空請求w

一瞬であ〜LINE乗っ取られちゃったかと悟ったわけですが、会話したらどうなるんだろうと思い、友人に返信する雰囲気で、そのまま返してみました。

※この後友人にfacebookで連絡して乗っ取られてることを伝えアカウントを削除したため、相手の名前がEmpty chatになっています。

まずね、ニュージーランドのド田舎にコンビニはありません。笑

私が当時暮らしてたのは、羊や牛がそのへんを普通に歩いているど田舎。その私に頼む時点で、いろいろ間違えてるw

コンビニなんて便利なもの無いと伝えたもののそこはスルーされ、写真とともに5万円分のBitcashを買ってきてほしいとお願いされる。

しかしコンビニに行くには、車で山を越えて約2時間ドライブしないとたどり着けない。

ということでもう一度コンビニがない旨を伝えると、

そのまま返信が返ってこなくなりました。

まぁ、ニュージーランドのコンビニ行ったところでこれは売ってないですけどね。

学んだこと:架空請求業者を一蹴するには、コンビニが近くにないことを伝えよう!


スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ