ニュージーランド南島から北島へ車ごとフェリーで渡ってみた!

ニュージーランドの北島から南島、または南島から北島に渡る時、多くの人は飛行機で移動すると思いますが、実はフェリー⛴でも移動することができるって知ってますか?

南島と北島を結ぶ道路は残念ながらないので、ドライブしながら移動することはできませんが、大きいフェリーなので車を船に積んで移動することができます。

レンタカーで旅をしている人にとっては、南島と北島で別々の車を借りる必要がないので、おすすめです。

先日車ごとフェリーに乗って南島から北島へ移動してみたので、その流れをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

オンラインで予約

まず、南島と北島をつなぐフェリーの会社は現在2つあります。

一つ目はInterislanderで、ウェリントン〜ピクトン間を1日あたり最大10船ほど運航しています。航海時間は約3時間〜3時間半です。

一方2つ目の会社Bluebridgeは、同じくウェリントン〜ピクトン間を1日あたり最大7船ほど運航しており、航海時間は約3時間半です。

どちらの会社も基本的には毎日運航していますが、Bluebridgeは土曜日は休航する傾向にあります。Interislanderは、日曜日と月曜日の運航数が少なめです。

値段も微妙に違うので、ウェブサイトでフェリーに乗る日付けを入力して比べてみてください。

Interislanderウェブサイト

Bluebridgeウェブサイト

同じフェリーでも、チケットの払い戻しや変更がきくかきかないかで値段も変わってくるので、ご注意ください⚠️

オンラインの予約フォームで聞かれる内容は、ざっくりと以下です。そんなに複雑なことは聞かれないので、英語が苦手でも大丈夫だと思います。

  • 行き先(ウェリントン→ピクトンか逆)
  • 片道(One Way)か往復(Return)
  • 乗船したい日付け
  • 乗船人数、大人か子供か幼児かシニアか
  • 車は積むか、車のタイプは何か

私は今回Interislanderで、ピクトンからウェリントンまでの片道、普通車を載せてのチケットで、177ドルでした。

決して安くはないですが、個人的な印象としては意外と安い!でした。

ちなみに車なしでフェリーに乗船する場合はずっと安く、片道50ドルちょっとしかかからないので、徒歩での移動の方もぜひフェリーでの移動を選択肢のひとつにしてみてください♪

チェックイン&乗船

今回Interislanderで、午前10:45発のフェリーを予約しました。Eメールで送られてくるチケットにチェックインの時間などがプリントされているので、しっかり確認しましょう。

ファイナルチェックインは出航1時間前の9時45分なので、それまでにチェックインする必要があります。遅れないように早めに宿を出て、9時過ぎにはフェリーターミナルに到着しました。

ちなみに車ごとフェリーに乗る人と、車なしで普通に乗る人ではチェックインの場所が異なるので気をつけましょう⚠️

航海当日はあいにくの雨模様でした☔️

下の写真は車のチェックイン場所です。ここで予約番号またはバーコードを見せて、紙のチケットを発行してもらいます。

日本の高速道路の料金所みたいな感じで、前の車に続いて並びます。

9時過ぎに着いたにも関わらず行列ができていて数十分は待ちました。

チケットを発行してもらったら、カウンターのスタッフに言われた番号のところに車で並びます。

1~5まであり、おそらく車の大きさによって分けられていました。私は1番でした。前後をみた感じだと、普通車が1番でした。

それから乗船までまたひたすら待ちます。ファイナルチェックインとほぼ同じ時間にゲートが開き、乗船を開始します。乗船前にチケットの回収があるので、先ほどもらった紙のチケットをスタッフに渡します。

フェリーに乗船したら、スタッフの指示に従って車を駐車。全ての車を積むために、前の車とかな〜りギリギリまで近づけてストップ。

いざ、船内へ!

車を降りたら、階段をのぼって船内へ入ります。航海中は基本的に車のところには戻れないので、貴重品は必ず持っていってください。車のライトやアラームを切っておくのもお忘れなく!

私が今回乗った船の名前は『Aratere』。どの船もマオリ語の名前がついています。Aratereは英語だと”quick path”という意味だそう。素早く渡りますよ!ってことかな😁

船内には小さなカフェやバーなどの食事処、シネマ、お土産屋があります。

予約の際に追加料金を払えばプラスラウンジも使えます。プラスラウンジは大人専用の高級ラウンジで、食べ物や、ワインやビールなども含む飲み物、新聞や雑誌、スカイTVなどを楽しめます。たった3時間の船旅にそんな金かける意味🙄

船内はとても広く、観光シーズンもまだはじまっていないので、人もそこまで多くなかったです。

出航前にデッキにでてみましたが、天気悪っ!気温も低くほとんど外に出てる人はいませんでした。

10時45分発の船でしたが、すでに乗客が全員そろったのか、10時半にはピクトン港を出発しました。

小さなショップ兼カフェでは、おやつや飲み物を買ったり食事をとることができます。

乗船人数にあわせた数しか用意していないのか、キャビネットはガラガラでした😅

朝食をまだとっていなかったので、ここで朝食をすませました。ラザニア❤️

ちなみに船内には4時間、または100メガ使えるフリーWi-Fiがあり、航海中もインターネットを使えます。

ピクトンからウェリントンまでは長くても3時間半なのでカバーしています。

ただし時々かなり接続が悪かったです。フェリー会社のウェブサイトにも書かれていましたが、乗船人数や天候、船の位置などによって接続状況がとても悪くなる場合があるようです。

この日は天候が悪かったので、接続が不安定だったのかもしれません。

エンターテイメント設備として小さなシネマもあり、子どもも大人も楽しめる映画を選んでいるのか、ミュージカル映画のマンマミーア!がこの日は上映されていました。古いな〜

チケット、ポップコーンは別の場所にあるカウンターで入手できます。

ただこの日映画観てた人、たぶんほとんどいない、、、すごく不人気でした😅映画のチョイスが悪いのか?

ほかにも写真は撮っていませんが、子ども用のプレイエリアがあり、子どもたちはずっとそこで遊んでいました。

途中から天候が荒れてるせいで船がかなり揺れて、後半は若干船酔いしてしまいました😓

船酔いを忘れるためにちょっと仮眠していたら、いつのまにか到着していました。笑

到着前にアナウンスが流れるので、車で乗り込んだ人達は駐車スペースに戻って、船から降りるために車の中で待機します。降りる時は確認など特に何もなく、スムーズに船から降りることができます。

あんなに天気が悪かったピクトンが嘘のようにウェリントンは快晴!

北島と南島はやっぱり離れてるから天気も全然違うんだなーと実感した瞬間でした。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする