ニュージーランドのデパートFarmers(ファーマーズ)で化粧品を大量にゲット!

海外で生活していて、いつも困るな〜と思うのが、化粧品。もう5年以上もニュージーランドに住んでいるというのに、実は今までずっと日本で買った化粧品を使っていました。

一時帰国した際に大量買いしたり、無くなりそうになったら親にお願いして送ってもらったりしていたのですが、さすがにこのままずっと続けるのは親にも迷惑だし申し訳ないなぁと思い、ようやく重い腰をあげてニュージーランドのデパートFarmers (ファーマーズ)に行ってきました。

Farmers は少し大きい街ならニュージーランドのどこにでもあるデパートメントストア。イブサンローランや資生堂などのデパコスや、シャネルの香水などのハイブランドアイテムが売られています。

そういえばなんでFarmers って名前なんでしょうかね?ファーマーズというと農夫を想像しますよね😅

ニュージーランドのデパートの化粧品売り場にも、日本と同じようにBAさん(ビューティーアドバイザー)がいます。

今回は日本でしか手に入らないファンデーションをついに使い終わってしまったので、新しいものを手に入れるべく、行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

コスメ売り場が苦手すぎてまさかの展開に

実は私は、化粧品売り場があんまり好きではありません😓 元々メイクにあまり興味がなく、 ずーっとドラッグストアで手に入るようなプチプラコスメを使っていました。

30歳を越えるまで眉毛を書いたこともなく、(30歳過ぎて日本一時帰国時に、眉毛くらい書けと母に叱責され、書き始めました。笑)世の女性たちに顔向けできないようなボロボロな出で立ちで生きてきたため、デパートの化粧品売り場にまず行ったことがなかったんです。

キラキラ華やかで美しい店員さんがいて色々教えてくれる、、というのは何となく分かっていましたが、華やかさに圧倒されて足を踏み入れることに謎な恐怖心を抱いていました。

しかし、今日こそは、、、!

 

日本でも行ったことないのに、ニュージーランドでデパートの化粧品売り場デビューです。😂

あまりにもノーアイディアでFarmersに突入したため、たくさんあるブランドのどれに近づこうか、決められません。

というか、店員さんが各ブランドのコーナーに最低1人ずつはいて、話しかけられる恐怖で近づけない、、、!!(コミュ症か)

いえ、普段は全然店員さんに話しかけられても大丈夫なんですが、化粧品売り場だけはなぜか苦手意識が強くてダメなんです、、、。

ということで、家から一番近いFarmersで商品に近付くことすらできないまま、まさかの撤退。

このままではダメだと思い、車を運転して隣町のFarmersまでまさかの遠征をすることに

遠征先でも20分くらい化粧品売り場の付近をウロウロしていたら、挙動不審のヤバいやつと思われたのかしばらくは誰からも近づかれなかったのですが、ついに店員さんに話しかけられました!!!

話しかけてきて下さったのはKiwiの50代前半くらいの恰幅の良いおばちゃんBAさん。資生堂の方でした。


※写真はイメージです。

この時点で本日の買い物は資生堂の商品に決定。

←もう断って他のとこ見る勇気ない。

日本て多分、このくらいの歳のBAさんてあまりいないんじゃないでしょうか?基本若い人が多いイメージです。でもニュージーランドのデパートでは、けっこうおばちゃんが多いです。私的にはおばちゃんのほうがキラキラ感が薄いせいか(おい)安心感があり、良かったです。

おばちゃん、めっちゃ商売上手やん

資生堂のおばちゃんBAに声をかけられ、とにかく何でもいいからファンデーションを探してるんです、と伝えたら、まかせろと言わんばかりにイスに座らされました。

ここからおばちゃんの独壇場でした。

肌の色味を見るということで、止める間もなく家で塗りたくってきたファンデーションを剥ぎ取られました。一気にすっぴん肌へ。🌕

すっぴんのお肌がめちゃくちゃ汚い私には恐怖の時間です。これが、デパートの化粧品売り場が苦手な理由のもう一つ。他人にこの汚肌をさらすことへの抵抗感が強いのです。ただ、若いBAさんじゃなくておばちゃんだったせいか、謎の全てさらけだせるような安心感。笑

おばちゃんの力であれよあれよとすっぴんから、資生堂の商品を使ってメイク直しされていきます。

おばちゃんの言葉巧みな商売上手さと、私のノミの心臓と無知さも相まって、結局ファンデーション3点、ファンデーションを塗る用の筆、口紅を塗る用の筆の計5点を一気に購入することに。

ようやく家に帰って満足感とともに一言つぶやいたよね。

絶対ファンデーション3つもいらんやん。

しかもうち2つは、もう資生堂が作るのをやめちゃったから最後の在庫でもう手に入らないやつらしい。いや、今後買い足しできひんやん。

おばちゃん、在庫処理したいだろーなとかムダに変なこと気にしてしまい、購入に至ったのでした。

でも、ありがとう、おばちゃん!おばちゃんのおかげで大きな一歩を踏み出せました。

ということで、あと数ヶ月はFarmers 行かんで済むな。(成長どこいった)

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする