日本食材、雑貨を売っているお店 in クライストチャーチ

海外で暮らしていると、普段何を食べているのか、日本に住んでいる友人に聞かれることがあります。

ニュージーランドは移民大国なので、実はアジア系の食材や調味料を手に入れるのはそんなに難しいことではありません。

特に移民がたくさん集まるオークランドには、中国系や韓国系のお店だけでなく、日本人経営のお店もあります。

Japan Mart(ジャパンマート)がその代表格で、雑貨のほか、調味料やお米、納豆などの食材も扱っています。

その他に卸しを中心に行っているメイドインニッポン、雑貨を扱うダイソーなどがあります。ちなみにダイソーはこちらでは、残念ながら100均ではありません。3ドル程度します。扱っている商品は同じなので、日本のダイソーの感覚でいくと少し高く感じてしまいます。

このように北島オークランドでは気軽に日本の雑貨や食材が手に入ったので、南島クライストチャーチに引っ越していざ調味料をそろえようと思った時に、探し回ることになるとは思いませんでした。

一通りのアジア系食材のお店を回ってきたので、日本の調味料などをお探しのクライストチャーチ近郊にお住まいの方、良かったら参考にしてみてください。

※ジャパンマートオープンに伴い一部変更追記しました。(11月6日)

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ

日本の食材を取り扱うお店 in クライストチャーチ

Japan Mart

当初のオープン予定から1ヶ月以上の遅れを経て、ついに南島で初の店舗となるリカトン店がオープンしました!

写真のとおり店内とても整然としており、茶色や黒を基調としたシックな雰囲気です。オークランドの店舗とはまた違った雰囲気。

広い店内には雑貨、食品類、シャンプーなど一部化粧品もあります。オークランドと同じく生鮮食品は扱っていませんが、冷凍のお肉や加工食品の取り扱いはあります。お米も売っています。

KOSCO

Koscoは韓国系のスーパーです。スーパーといっても生鮮食品はほとんど扱っていません。

スナック菓子や、調味料、生活雑貨、化粧品などが中心。クライストチャーチ内にブランチがいくつかあります。ブランチごとに、ほんの少し扱っている商品が違うようです。(ある米の銘柄がある支店にはあり、別の支店にはなかったり)

麺つゆやみりん、お好みソースなど日本でおなじみの調味料がたくさんあります。

SUNSON

こちらは中国系のスーパー。Japan MartやKoscoとは異なり、生鮮食品をたくさん扱っています。お店はいつも中国人を中心としたアジア人で賑わっています。

大根!!ニュージーランドのスーパーマーケットでは大根は売っていないので、助かります。いつも食べるわけではないですが、時々恋しくなるのが、日本人だなぁ思います。

見ての通り中国系の食材がたくさん。日本人の私からすると、見たことない食材もたくさんあってなかなか興味深いです。調理する勇気はないが、、、汗

日本の調味料もたくさん置いています。なぜみりんの拡大写真かというと、値段を比べたかったから。

Koscoでは、640ミリリットルの本みりんが9.32ドルで売られていたので、SUNTONはそれより0.73ドルも安い8.59ドル。

賞味期限も確認しましたが、特に変わらなかったので、こちらで買ったほうがお得ですね。

オークランドでもそうですが、やはり中国系のスーパーが一番安い。やはり中国系移民の数を考えると、韓国や日本とは規模が違うので、仕入れの量が多い分安くできるのかもしれません。

ただ、生鮮食品の質は自分で見極めが必要です 😎  オークランドでよくチャイマ(チャイニーズ経営のスーパーマーケットのことをこちらに住む日本人は略してチャイマと言います)に行って買い物していましたが、野菜とか、正直言って汚い、というか明らかに新鮮じゃなさそうなのも平気で売っていました。

普通に売っているのも結構ギリギリに見えるのに、そのチャイマではいわゆる見切り品コーナーがあり、もうね、完全に腐ってる笑。いや、それは売っちゃダメだろうと思ってました。

お肉系は怖くて手が出せなかったので、カウントダウン(ニュージーランドのスーパー)で買っていました。

Big T


おそらく、中国系か、フィリピン系?

私が確認した限り2つ支店があり、どちらもシティ中心部からは少し離れています。この写真はIslingtonという、シティから車で20分ほど離れた郊外の支店。

郊外なので、敷地がすごく広いところにあります。大きな工場跡を店舗として使っているように見えます。中もだだっ広くて、こんな感じ。

こんなに広いのに、お客さんがほとんどいませんでした。月曜の昼間だからかもしれませんが。

今回はじめて寄りましたが、残念ながら日本の食材はほとんど置いてませんでした。フィリピンやマレーシア、タイなど、どちらかというと東南アジア系のものが多い印象です。

日本のものを探していたところキューピーマヨネーズを見つけたのですが、袋が英語表記だったので一応どこで作られているか確認したところ、タイ産でした。

キューピーマヨネーズは、KOSCOやSUNTONで売られているものも、物によっては日本産ではない場合があります。といっても偽物というわけではなく、日本のキューピーが監修しています。どうしても日本産がいいという方は、きちんと袋の裏を読んで確認することをおすすめします。

まとめとおまけ

オークランドではジャパンマートがあるのが当たり前で、クライストチャーチに無いなんてまさか考えもしませんでした。

オークランドと比べたら明らかに日本人人口は少ないと思いますが、需要はあると思うので、ぜひジャパンマートのお偉いさま、クライストチャーチ支店のオープンをご検討くださいませ!→(2017年9月20日追記)願いが通じたのか、南島に初の店舗となるリカトン店がオープンしました!

最後に、クライストチャーチのBush Innというショッピングモールの中で見つけた、日本の雑貨屋さんをおまけで載せておきます。

偶然見つけたのですが、Konnichiwaだと!?と初めて見た時は二度見しました。

けっこう広くて、色々な雑貨を扱っているので、ダイソー的な使い方ができるお店です。1軒でもクライストチャートにこういうお店があってくれてありがたいです。

また新しいお店を発見したら追記したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大サイズ
レクタングル広告大サイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする